お知らせ/ブログ

コラム

2021.6.14

スルースキルを身につける

人間誰しも不快な話やされたくない話はありますよね。そんなときあなたならどうしますか?
そんなときスルースキルがあれば、うまく切り抜けられるかもしれません。
今回はスルースキルについてお話しましょう。

スルースキルとは話しを受け流す力
「スルースキル」、この言葉に含まれている「スルー(through)」には「通り抜ける」、「貫く」
という意味があります。車に乗ったままで商品を注文・購入できるファーストフード店がありますが、
そのシステム「ドライブスルー」という言葉の中にも使われています。
こうした「通り抜ける」、「通過する」といった使い方から、「(話しを)受け流す」という意味にも
スルーという言葉が用いられるようになりました。
「スキル」とは「教養・訓練により得た能力(技能)」といった意味ですから、
つまりスルースキルとは「話しを受け流す能力」という意味の言葉です。



感情のまま突っ走らない
例えば、無神経な上司や同僚からイライラとするような事を言われたりされると、
一瞬で頭に血が上って「相手にやり返したい」と思ってしまうこともあるでしょう。
まずは自分の怒り・悲しみといったネガティブな感情を、思い通りにコントロールできるように
トレーニングを重ねていきましょう。

自分の弱みを知っておく
スルースキルを上げたいのであれば、自分は何を言われ、どういった事をされると嫌なのか、
ムカついてしまうのか、悲しんでしまうのかを考えましょう。
自分自身の弱み、短所を知っておく事で、他者から嫌な事を言われたりされたりした時でも
「そんな事は知っている」と受け流す事ができるのです。
スルースキルを発揮するような場面とはどういうものなのか想像し、普段からストレス耐性を
身につけておくとよいでしょう。

必要以上に考え込まない
ネガティブな人がスルースキルを上げるには、まずは「小さな事で必要以上に考え込んでしまう癖
を手離す」事が第一です。
相手にこちらを傷つけるつもりはないのに自分で勝手にネガティブな感情に捕らわれて落ち込む、
これではいつまで経ってもスルースキルは上がりません。事実だけ、その時起こった事だけを受け止めて、
自分の要らぬ妄想はスルースキルを発揮して受け流してしまいましょう。

スルーは相手の為だと考える
「我慢」と「スルースキル(受け流す)」事は違います、我慢強い人は強い忍耐力で怒りを
抑え込みますが、スルースキルは怒りそのものを受け流すのです。我慢が「硬」であれば
スルースキルは「柔」、我慢が強固な岩ならスルースキルはさらさらと流れる川の水です。
何か嫌な事をしてきた相手には「この怒りを飲み込んで我慢しなければいけない」ではなく、
「この人に何を言っても仕方ないから受け流してあげよう」と思いましょう。
スルースキルを発揮するのは相手の為、自分が相手に真剣に怒らないのも悲しまないのも、
全ては自分が相手より精神的に大人だからと柔和に考えるのです。

1分間冷静さを取り戻す
スルースキルを鍛えるならば、嫌味を言われたり悲しい出来事があった時、1分間だけでも
冷静さを取り戻す癖をつけましょう。例えば目を瞑って好きなアイドルや俳優の事を考えて
ハッピーな気分になる、水を飲んで口の中をスッキリさせたついでに思考をクリアにするのもです。
深呼吸をしてもいいですし、ノートや誰にも見られないように鍵アカウントにしたSNSに
愚痴を書いてもいいでしょう。
そうやって1分間だけでも時間を作ってスルーしたい事を頭の中から無理やりにでも追い出す事で、
少しずつ「自然とスルー出来るようになる」のです。スルースキルを鍛えたいと思っている人の中で、
特に「短気・ネガティブ・気にしい」な性格な人はこの方法を試しましょう。

自分や周囲を俯瞰で見る
スルースキルは受け流す能力、それを鍛えたいならば自分や周囲の事を俯瞰で見て、
柔軟な考え方をするようにしましょう。自分視点、自己中心的な考え方しかできないままでは、
スルースキルも全く鍛えられません。第三者の目線で物事を捉え、考える事で、自分が言われて嫌だった事、
自分にとって不利な出来事もあっさりスルーできるようになります。

価値観が違う人もいると考える
自分と同じ価値観を持つ人は少ない、むしろ「殆どいないに近い」と思ってもいいでしょう。
自分と相手とは価値観が違う、そんな人は珍しくない、価値観が違う事や意見が合わない事は仕方の
ない事なんだと思うのです。そうやって意識をしているだけでも無意識の内にスルースキルが身につき、
そして鍛えられていくでしょう。

怒り・悲しみを流す合言葉を作る
スルーしたいような出来事が起こった時に自然とスルースキルが発揮できるように、
怒りや悲しみを受け流せるような合言葉を作りましょう。
「まぁいいや」、「なんとかなる」、「大丈夫」といったようにポジティブな言葉を合言葉にして、
スルーしたい事が起こった時に頭の中で唱えます。何度も「大丈夫、きっとなんとかなる」、
「別にいいや」と思っている事でだんだんとスルースキルが身についていきます。

事実だけを見るようにする
被害妄想をして「嫌われたかもしれない」、「無視されたのかもしれない」といった、勝手な想像で
自分自身を不用意に傷つけてしまうのは止めましょう。事実だけを見るようにして、
そこから先は余計な事は考えない、ただひたすら「受け流す」ようにするのです。
そうやって思考回路を自分でコントロール出来るようになれば、無理なくスルースキルが鍛えられます。



いかがでしたか。
スルースキルは「相手を軽く見る」のではなく、「自分が嫌な目に合わない為に嫌な事は受け流す」
というものです。自分自身を守るためにもスルースキルを身につけて、精神も体も安定した生活が
送れるようになるといいですね。

お問い合わせはお気軽に

CALLお電話からもお気軽にご連絡ください。

受付時間 :月~土曜 9:00-18:00

利用開始までの流れ

  • 資料請求

    1

    Nagu豊中・Nagu川西の詳しいご案内をお送りします。

  • 見学

    2

    実際に来所して頂き、Nagu豊中・Nagu川西の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。

  • 体験利用

    3

    ご自身のご都合に合わせて体験ができます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 手続き

    4

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 利用開始

    5

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。

  • 1

    資料請求

    Nagu豊中・Nagu川西の詳しいご案内をお送りします。

  • 2

    見学

    実際に来所して頂き、Nagu豊中・Nagu川西の雰囲気を見てもらったり、お話を伺わせて頂きます。

  • 3

    体験利用

    ご自身のご都合に合わせて体験できます。見学時にご希望があれば、そのまま体験して頂くことも可能です。

  • 4

    手続き

    利用の際には、お住まいの市区町村の役所で手続きが必要となります。不安な方は同行しますので、ご安心下さい。

  • 5

    利用開始

    契約手続き、利用についてのご説明をします。あなたに合った計画を相談しながら一つずつ決めていきます。